FC2ブログ

『出雲国風土記』とスサノオ-出雲神話2-


にほんブログ村
出雲国風土記



以前、記紀の「出雲神話」に依拠して、スサノオの変貌の意味を紹介した

ことがありますが、今回は、『出雲国風土記』の「出雲神話」に重点を

おいて、スサノオを眺めてみたいと思います。

 

さて、『出雲国風土記』におけるスサノオは、記紀に描かれているそれより

はるかに素朴で平和的であったとされます。

 

「風土記」によると、スサノオは、出雲国内を巡行するのですが、それは

出雲平野周辺の山間部に限られ、出雲全体を支配するような神ではなかった

ようで、平野の周辺部を巡りながら、開拓をし、稲作を勧め、保護する神で

あったのであろうとされるのです。

 

そして、飯石郡須佐郷の口碑(言い伝え)には、「ここは狭い地ではあるが、

国として経営するにふさわしい地である」として、我が名をとって「須佐」

と名づけ、その地に鎮座し、神に稲を奉るための田である大須佐田、小須

佐田を設けたと記されています。

 

これによると、スサノオという神名からスサという地名ができたことになり

ますが、スサノオこそ「須佐」という地名から導き出された神名だと考える

研究者も多いようです。

 

鳥越憲三郎氏は、著書『出雲神話の誕生』で、スサノオは、「須佐の男神」

を意味し、神門川の中流にある須佐という小さな里の守護神、一地方神で

あったが、それを大和朝廷側が大きく取り上げ、高天原を荒しまわる悪神

に仕立て上げられたのであろうとしています。

 

一方、以前にも紹介しましたが、『創られたスサノオ神話』の著者である

山口博氏は、口碑のとおり、スサノオという神名からスサという地名が

できたとし、スサノオの名の由来は、従来から言われるような、「荒れ

すさぶ」の須佐ではないと言います。

 

つまり、古代語のスには、飾らない、そのままの、などの意を表す接頭語

があり、サには、田植え始めの日をサオリ(神下り)、田植えの終わる日を

サナブリ(神上り)という地方もあるなど、サには田の神という意がある

ことを考えると、スサは素朴な田の神ということになり、いかにもローカ

ルな農業神にふさわしい名である、と述べています。

 

しかし、いずれにしても疑問が残ります。問題は、いったいどういう理由

で山奥の小盆地の一地方神が、皇祖神の弟とされ、神話の大立者に仕立て

あげられたのかということです。

 

松前健氏は、その著書『出雲神話』において、スサノオの崇拝は、西部の

須佐地方だけでなく、出雲の東部にもその崇拝や伝承が分布していて、

かなり古い霊格であり、民間でもポピュラーな霊格であったことは間違い

ないとしつつ、スサノオの高天原での大きな地歩は、じつは出雲ばかりで

はなく、当時の諸国における崇拝の広い分布と、民間信仰における人気の

広さによるものと考えられると述べています。

 

出雲のほかに、紀伊、備後、播磨、隠岐などにこの神をまつる神社があった

ということです。ことに紀伊在田(ありた)郡には、須佐神社があり、出雲

の須佐神社と同じく、古くからスサノオを祀っており、航海と船の神として

知られていたということです。

 

社格としては、出雲の須佐が小社とされていたのに対し、紀伊のその社の

方がはるかに高かったということであり、松前氏は、紀伊の須佐こそが、

この神の崇拝の原郷であったと思われるとしています。

 

記紀などの神話を見ると、スサノオは出雲ばかりでなく、紀伊にも関係が

深く、おまけに、そこでは船や海や樹木などに結びついて語られていると

いうことです。つまり、スサノオは、もともと紀伊の海人(あま)族たち

の奉じる神であり、海や船にも関係が深く、また、船材としての樹木の神

でもあった。この神が海を支配せよと命じられたとか、韓土に渡ったとか

いう話は、この神を奉じる紀伊の海人らが、朝鮮沿岸にまでも行って活躍

したことをあらわしている。この神がもし出雲の山奥の盆地の一農神に

すぎないのなら、神話におけるこうした海や船との結びつきは解釈できない

のであり、元来は、海にこそゆかり深い神であったのだと述べています。

 

また、スサノオの顕著な特性のひとつに「根の国」との結びつきがあるが、

それは地下にある暗黒の死者の世界を指すほかに、古くは、海のかなたに

ある他界を意味していたらしいということです。そこには神々も先祖の霊魂

も住んでいて、そこから時を定めて国土を訪れる神の信仰があったとされ

ます。根の国のネという語は、生命の根源という意味で、ここは死霊ばかり

でなく、あらゆる生命の源泉地と考えられていたのです。

 

よって、松前健氏は、「スサノオも、おそらくもともと紀伊の沿岸一帯の

海人たちが信じていた、海のかなたの根の国から来訪するマレビト神で

あったのであろう。かれは船に乗り、樹木などの種子を積み、海上から

あらわれ、若者に成年式を施し、田畑に稔りをもたらす神であったので

あろう。やがて、その神は、土地の名をとってスサノオとよばれるよう

になったと考えられる」と述べています。

 

つまり、松前氏は、スサノオの崇拝、また、熊野大神の信仰は、出雲から

紀伊へ、ではなく、逆に紀伊から海人によって出雲に運ばれたものと考え

ていて、まず、安来などの東部から広まり、大原郡、飯石郡と、しだいに

西部へと進出し、それにしたがい海洋性を失い、山奥の農神らしい性格に

なった、そして、飯石郡にいたって、クシナダヒメなどの農耕女神の崇拝

と習合し、これと結婚して大蛇を退治する英雄に祭り上げられたのだろう

としています。

 

なお、その根拠地の重要なものとして、大原郡の須佐をその御名代の地と

定めたが、それは最後の段階であって、その原像ではないのだとも主張

しています。

 

さて、では、このような出雲の文化神的、祖神的役割を持つスサノオと、

宮廷祭式やその神話的世界における、神に反抗する「巨魔的」な役割を

持つスサノオという、二つの異なる像を結びつけるつなぎはどのように

なされたのでしょうか?

 

まず、スサノオの八岐大蛇退治の神話については、出雲民間に、元来、蛇神

崇拝があり、大蛇退治が、世界および日本各地に分布する「ペルセウス型」

の人身御供譚であることや、大蛇の尾に剣があることが、民潭にもあること

から、この話の起源については、民間伝承であったことがわかるが、最後に、

スサノオが草薙剣を皇祖神に奉じたというモチーフは、後に続く天孫降臨

神話で、皇孫が玉、鏡にこの剣を加えた三種の神器をもって天降るための

伏線として、後世、中央貴族によって付加されたものであろうとされます。

 

なお、この剣の献上の話が加えられる以前、いわば、「原天岩屋神話」とも

いうべきものには、玉と鏡だけでなく、剣の製作もすでに語られていた。

にもかかわらず、剣の献上の話につなげるために、剣の部分だけ、わざと

削り、玉と鏡だけを、岩戸の祭りに登場させたのだと主張する研究者がいる

が、松前氏も、それはおそらく正しいだろうとしています。

 

つまり、この剣の削除やスサノオの神剣の献上というモチーフが、出雲神話

への橋渡しとなっているのであり、この文筆作業によって、出雲神話が巨大

化し、宮廷神話の中枢に割り込ませられているということです。

 

その他にも、高天原神話において、スサノオは、いろいろと出雲神話の

橋渡しをしているが、天真名井(あめのまない)におけるアマテラスとの

誓約(うけい)も、出雲と高天原とのつなぎのための伏線であるとされます。

 

『古事記』によると、スサノオは自分の心の潔白をあらわすあかしとして、

天安河(あめのやすかわ)にアマテラスと向かい合って立ち、おのおの誓約

をして子を生んだ。アマテラスがスサノオの剣をとり、三段に折って、天真

名井にそそぎ、口に噛んで吐くいぶきから宗像の三人の女神、タキリビメ、

イチキシマヒメ、タキツヒメが誕生し、スサノオがアマテラスの腕や髪に

つけた玉をとって、これを噛んで、霧のように吐き出すと、五人の男神、

アメノオシホミミ、アメノホヒ、アマツヒコネ、イクツヒコネ、クマノ

クスビが誕生した。アマテラスとスサノオは、このめいめい生んだ子が、

互いに相手の身に着けたものから出たというので、お互いに交換し、五

男神はアマテラスの子とされ、三女神はスサノオと子とされた、という

ものです。

 

実に複雑きわまる相互交換ですが、松前健氏は、この神話をよくながめる

と、じつは、皇室の祖先オシホミミと、出雲国造の祖先アメノホヒとを、

同じ親、つまりアマテラスとスサノオの二神から生まれた存在だと主張

するために設定した説話であることがわかる、と述べています。

 

よって、これも、皇室と出雲国造とを同一系譜に盛り込み、あとに続く

出雲神話への伏線とすると試みであったということです。

 

ところで、スサノオ、そしてアマテラスについて、水波一郎氏の霊魂学では、

まったく異なった見方がなされています。以前、少し紹介したことがあります

が、ここでもう一度、紹介しておきたいと思います。

 

水波一郎氏は、旧著『禊神秘の法』の中で、アマテラスとスサノオに

ついて、次のように述べておられます。

 

<天照大御神は、天を照らす神と読むとぴったりである。よって、私は

天照大御神の皇祖という側面よりも、輝きという部分に注目したいので

ある。輝きとか、光りとかは、人間の生活には不可欠である。神話の中で、

天照大御神が隠れてしまわれたとき、高天原は真っ暗になってしまう。これ

では困る神々が、あの手、この手で、天照大御神を引き戻すのである。>

 

<天照大御神は実在する存在であるが、それは、スサノオの命とて同様で

ある。なぜなら日本の神話は、何らかの形で霊的知覚者の意図が表現されて

おり、霊的意識体としての神霊を、当時の人々の知性レベルで語っており、

それが様々な経緯を経て書物へと変わったと思えるからである。いずれに

しても、神話は、政治的な計らいは頭に入れておくとしても、霊的色彩を

強くもっていると思うのである。>

 

<スサノオは、暴風神でもあり、やること為すことが秩序に反している。

しかし、スサノオこそ、日本人の救いであり、偉大な神格なのである。

およそ神霊は、全人類、いや、全惑星の生命体にとっても神霊である。

しかし、この偉大な神格はなぜ人間的悪行の象徴になってしまったので

あろうか?>

 

<このスサノオが悪神に描かれている背景に、人間たちのわがままと、

傲慢が隠されている。つまり、人間たちは地上に生活しており、不自由

であるために、より自由な生活を夢見ており、自分たちに不都合なこと

は考えたくないものなのである。その結果として、アマテラスやイザナギ

を高く位置づけてスサノオのような不都合な神は低く位置づけたと思う。>

 

<神話の中で、スサノオはイザナギの意思に背き泣いてばかりいたとあるが、

それは、もう別の世界へ行ってしまって、醜く汚いと教え込まれた母の愛を

知りたがったからである。パワーであるスサノオには、母の愛がどうしても

必要であった。つまり、スサノオはその後、人間たちの世界へ降りるが、

それは母を持つ人間たちの愛の意味を知りたかったということである。>

 

<神々の世界は高貴すぎて、地上とは異質であり、そこにおける母性とは

神霊の女性的側面でしかなかった。それは人間たちには無関係であることを

知り、スサノオは父なる神に反抗し、地上に降りるのである。>

 

<スサノオは、その前に、兄弟神である天照大御神に面会する。その面会

のときには、大きな災害が起きる。そして二神は契約を交わす。その結果、

アマテラスは天上の神として上方から地上に光を送り、スサノオは地上に

降りて地上の邪を退治する。>

 

<そして、スサノオは、天界を追い出され地上で妻をめとる。剣の力で

妖怪を退治し、人々を守る。彼は人間たちの心を深く理解し、人々と同じ

ように苦悩するが、人々から良く思われない。人々は彼を無視し、彼を

受け入れなかった。>

 

<力の神が父なる神に逆らい、神々の世界から地上に本当に降りたとすれ

ば、人々にとって力の神は脅威である。力の神は人々のために妖怪を退治

した。しかし、力の神は、それ以外に存在する価値がない。太陽は毎日

必要であり、月も必要であるが、パワーは妖怪がいなくなれば大切では

ないからである。>

 

<力は時として善であり、同時に悪でもある。それは人間たちにとって、

都合が良かったり、悪かったりする。人々の勝手な自由は、スサノオを

アマテラスよりも低く位置づけるのである。>

 

<やがて、スサノオは神々の世界に戻っていく。父なる神に追放され、

兄弟の神と約束した高貴な御霊は、大悪人のごとく描かれ、悲しい

生涯を終えたのである。神話は霊感の書であり、物語によって象徴的

に記されている。>

 

以上のことから、読み取れることは、アマテラスは、天上、つまり

高貴な世界にいて、そこから光を降ろす神霊であるが、スサノオとは、

父なる神に逆らってまでも、地上、つまり、この物質の世界へ降りて

人々を救おうとした神霊であるということです。

 

 
 
 
 
 神伝禊法2
 (水波一郎著 アマゾン発売)

霊魂研究
(水波一郎著 アマゾン発売)














スポンサーサイト



テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体