FC2ブログ

陰陽道とは何か?


にほんブログ村
陰陽道 





 
 
我々が陰陽道(おんみょうどう、おんようどう)という言葉を聞くとき、

まず、思い浮かべるのが小説やコミック・アニメなどに描かれた「陰陽師

安倍晴明」ではないかと思います。そこでは、陰陽師が式神(識神)を操

って妖怪変化と戦う霊能力者、超能力者として描かれていますが、真実の

姿はどうだったのでしょうか? また、そもそも、陰陽道とはどういう

ものだったのでしょうか? 今回は、そのあたりを探ってみたいと思い

ます。

 

鈴木一馨氏の著書『陰陽道』によると、陰陽師、陰陽道に対して我々が

イメージすることと、事実とは大きく異なっているようです。まず、

「中国で生まれた陰陽道は云々」とか、「古代中国の自然観・宇宙観で

ある陰陽道は云々」ということからして誤っているようなのです。

 

近年における研究の成果によって、「陰陽道は中国で成立した」という

ことが否定されてしまったのです。中国には「陰陽道」という言葉が

存在せず、十世紀頃に日本で「陰陽の道」という言葉が出てきたのが

「陰陽道」に変化していったというのです。

 

では、陰陽師や陰陽道そのものの説明に入る前に、「陰陽寮(おんよう

りょう)」という公的機関、官庁について触れておきたいと思います。

 

日本で朝廷という中国的な政府機構が作られ始めた七世紀以降、その

朝廷の機関の中に「神祇官(じんぎかん)」と呼ばれる神々への祀りを

担当する官庁が設置されたが、他方で、「天意」を問う官庁として朝廷

の機関の中に設置されたのが「陰陽寮」だということです。

 

鈴木一馨氏は、陰陽寮の設置時期を、天武天皇が即位した後に、その在位

期間中に設置されたのではないかとしています。

 

さて、律令制官庁の組織は、「養老職員令」によると、基本的に事務・

統括部門と実務・専門部門に分かれていて、正規職員は基本的に常勤の

「長上官」と、非常勤(交代制)の「番上」に分かれていたということ

です。そのうち長上官には事務系官僚の「四等官」と、実務・技術系

官僚の「品官」との二種類があり、四等官は事務・統括部門の、品官は

実務・専門部門の中心業務を担ったということです。

 

そして、事務・統括部門の説明は省くとして、実務・専門部門を見ると、

それは「陰陽」の部門、「暦」の部門、「天文」の部門、そして「漏刻」の

部門に分かれていたようです。

 

 

そのうちの、「陰陽」の部門は、陰陽師、陰陽博士、陰陽生で構成され、

陰陽師(品官)は定員六名で、職務は式占(ちょくせん)と易占(えき

せん)を行い、また相地(風水)を行うとあり、陰陽博士(品官)は定員

一名で、陰陽生らに陰陽の思想や技術を教えるとされるが、陰陽生は陰陽

博士について陰陽の技術を学ぶのが務めであり、いわば、専門官僚となる

ための学生官僚といったものであったようです。

 

なお、他の部門、「暦」の部門は暦を造るところであり、「天文」の部門は、

星々や気象の異常を観測するところであり、「漏刻」の部門は、水時計に

より時刻の管理をするところです。

 

以上のことから、陰陽師とは、まず、陰陽寮という官庁の技術官僚の職を

指すことになります。

 

ところが、よく安部晴明は「稀代の陰陽師」というような言い方をされ、

また、彼の若い頃に、あるいは藤原道長が政権の中枢に座った時期に陰陽師

として活躍したとされます。

 

しかし、鈴木一馨氏によると、安部晴明は確かに「陰陽寮の陰陽師」の官職

を得ていた時期があるが、それは中年になってからであるし、道長の政権の

時は、すでに「天文」の部門の天文博士に昇進していたのであり、最終的に

は、平安京の左京の予備長官の地位に至り、陰陽寮の枠を外れたところに

いたというのです。

 

ということは、一般に言われる安部晴明の「陰陽師」というのは、陰陽寮の

技術官僚の職である陰陽師と、「陰陽道」が成立した平安中期以降にその

術者に対して陰陽寮の官職名をとって「陰陽師」と呼んだことが、まぜこぜ

に理解されているということになります。

 

安部晴明は、確かに陰陽寮の陰陽師であったが、道長に重用されたときには

すでに陰陽寮にはいなかったのです。

 

さて、陰陽寮、陰陽師の「陰陽」という言葉にも誤解があるようです。この

語からは中国の「陰陽説」または「陰陽五行説」を連想してしまいますが、

実はそうではないようなのです。

 

「陰陽」というのは、中国民間思想の総称として使われているのであり、

それ

に基づく技術を「方術」と呼んだり、「陰陽の術」と言ったのだそうです。

つまり、「陰陽寮」というのは、中国民間思想、つまり、「陰陽」の思想と、

それに基づく諸技術、すなわち「方術」、「陰陽の術」を扱う官庁だったと

いうことです。

 

ただし、方術や陰陽の術というのは広く医術までも含んでしまうのですが、

それは陰陽寮では扱わず、医療的な技術については、「典薬寮」という役所

が中心になっていたようです。

 

「陰陽の術」のうち呪文や呪符については、陰陽寮だけではなく、「典薬寮」

に設けられた「呪禁(じゅごん)」という邪気を祓う治療の部門でも行われた

ようで、典薬寮は、官人の病気を治療するための役所で、呪禁の部門には、

呪禁博士一名、呪禁生十名が配置されたということです。

 

陰陽寮における呪文や呪符は、主として陰陽道祭のときに、神々への呼び

かけや、邪気を祓うため、つまり、国家や都に侵入しようとする邪気を祓う

ために用いられていたが、典薬寮の方は、個人にとりつく邪気を祓うため

に使われたのです。

 

つまり、一般にイメージされるような陰陽師の呪符や呪文の「私」に対する

激しい使い方は、陰陽寮での使い方ではなく、典薬寮での使い方であったと

いうことになります。

 

さて、それでは、呪符や呪文を駆使し、もののけや怨霊を祓うという、「陰陽

道の安倍晴明」というイメージは完全な虚構だったのでしょうか?

 

鈴木一馨氏によると、そうでもないということです。安倍晴明は、十一世紀

前後の人のようですが、それから百年後に書かれた「今昔物語」や「宇治拾遺

物語」によると、晴明は、呪符を使って悪霊や妖怪を退治するということは

記されていないが、呪文の類を唱えて災厄を未然に防いだり、式神という精霊

を操ったりしたという情景は描かれているようです。

 

つまり、古典で表現されている安倍晴明は、陰陽寮の陰陽師の職務である式占

・易占や相地(風水)をしていなくても「陰陽師」と呼ばれているのです。

そして、それも、どちらかといえば、「陰陽寮の陰陽師」というよりは典薬寮

の呪禁博士に近い働きをしているのです。

 

では、なぜ「呪禁師」というような名称を使わずに、「陰陽師」という名称を

つかったのでしょうか?

 

鈴木氏は、そこには次のような陰陽寮と陰陽道との関係があるとしています。

 

つまり、怪異などが起きたとき、それがすべてもののけの仕業とは限らない

のであり、怨霊が起こしたものもあり、呪咀によって起こされたものも

あったとすると、呪禁の術を使う前提として、その怪異の原因を探らなければ

ならない。それこそが陰陽寮の陰陽の部門で扱われた様々な占いであった。

そして、原因が分かったとして、直ちに対処しなければならないとするとき、

邪気を祓う呪文や呪符を知っている陰陽師が、本来は、「公」のために使われ

るはずであったものを「私」に災いする邪気を祓うためにも使うようになった

のではないかと述べています。

 

要するに、本来、「私」にかかる邪気を祓うはずの「呪禁博士」の役割を、

必要に迫られて、或いは、求めに応じて、陰陽師が奪ってしまった。

そして、民間にあって邪気を祓うようなことをした者の中で、特に呪文や

呪符を使えたものまでをも「陰陽師」と呼んだということのようです。

 

つまり、陰陽道とは、陰陽寮の知識、諸技術を「公」のためではなく、

「私」のために使い始めたところに成立したということになります。

 

それでは、最後に、小説やコミック・アニメで安部清明が活躍するとき

に使われる式神(識神)について少し触れておきたいと思います。

 

この式神は非常に便利な存在として描かれていて、安部清明の命令のもと、

妖怪変化に対して獣や鳥の姿で攻撃したり、敵を惑わすために清明の

姿をしたり、ひそかに他者の動向を探ったりと、どのような働きでもする

とされます。そして、清明や彼と対峙する他の術者の能力は、この式神を

使いこなす能力として描かれているといっても過言ではありません。

 

これをそのまま信じるわけにはいきませんが、そのモデルとなる古典の

説話には、呪詛、呪いの技として使われたという例があることを考えると、

あながち荒唐無稽な話として切り捨てるわけにはいかないように思います。

 

「今昔物語」、「宇治拾遺物語」の中で、清明に式神を使って人を殺せるか

と尋ねたところ、「簡単に殺せるが、蘇生させる方法を知らなければ罪を

得てしまうから、容易にはしない」と答えたという話がありますし、水波

霊魂学の水波一郎氏の旧著「大霊力」のなかにも、今も残存する殺人の

技術としての呪法に絶対近寄ってはならないとして、空海に技くらべを

挑む修験者の呪法の恐ろしさが語られていますが、当時の陰陽師たちの間、

さらに、修験者や密教僧をも含めて、その表の顔とは別に、裏で己の意志、

あるいは依頼により、政敵、ライバルに対する呪詛、呪いの技の行使が
行われていたのではないかと推察されます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿

非公開コメント