FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神々の戦い アース神族VSヴァン神族-北欧神話3-


にほんブログ村
神々の戦い 



北欧神話では、オーディンを主神とするアース(アサ)神族とニョルズを

主神とするヴァン(ヴァナ)神族という二つの神族が併存していたが、

両神族の間でこの世で最初の戦闘が始まったという。

 

『詩のエッダ』の「巫女の予言」では、グッルヴェイグという名の女性が、

ハール(高き者、オーディンの別名)の館にて槍で刺され、何度も繰り

返して焼かれたことから戦いが始まったとされます。幾度も彼女を焼殺

したのだが、それでも彼女はなお生きていたということです。

 

しかし、なぜ、グッルヴェイグという女性はそのような酷い仕打ちを受けた

のでしょうか?

 

グッルヴェイグは、字義的には「黄金の呪力」を意味するところから、一説

では、富裕で煽情的なヴァン神族がアース神族のもとに禍の種としてグッル

ヴェイグ(黄金の酩酊)と呼ばれる女を送り、ことに女たちの心を惑わせた

からであるとされているようです。

 

また、アース神族とヴァン神族の原初の戦争は、両者の共存を正当化する

ためのもので、むしろ、両者の相互補完性、連帯性を示す神話であるとも

言われています。

 

これに対して、水野知昭氏は、『生と死の北欧神話』において、グッル

ヴェイグは、敵対関係にあった両神族間で和平の誓約を交わすために、

アース神族の中のある特定の神への花嫁となるべき女性であったと推定

できると言います。

 

しかし、アース神族たちは、グッルヴェイグの神秘的な美しさと身につけて

いた黄金の魔力に抗うことができずに、ヴァン神族の共同体から彼女を掠奪

し、集団での暴力に及んだのだと考えられるとしています。

 

少なくとも原神話においては、アース神族に対して「災厄」や「堕落」を

招くために送り込まれたわけでは断じてないと述べています。

 

かくして、オーディンをはじめ、アース神族の神々は裁きの場に出て、果

たしてアース神族が罪科を負うべきか、それとも、かの諸々の神々(ヴァン

神族)が貢ぎ物を得るべきか、を協議するのですが、どちらも選択しない

ことを決め、オーディンが敵勢のなかへ槍を投げ、最初の戦いがはじまる

のです。

 

オーディンは軍勢を率いてヴァン族に戦争をしかけたが、彼らは頑強に抵抗

し、その国土を守った。どちらの側もかわるがわる勝利を得て、互いに相手

の土地を蹂躙しながら損害を与えることとなり、双方とも戦闘に倦み疲れた

ので、和平の会議をもうけ、平和協定を結び、人質を交換することになった

ということです。

 

「ユングリンガ・サガ」には、その「神々の交換」という不思議な話に

ついて次のように語られているようです。

 

<ヴァン神族の側は、富裕なニョルズとその息子フレイという最も優れた

者たちを人質にした。しかし、これに対してアース神族の側は、ヘーニル

という名の者を送り、首長にするには彼こそ適任だと説明した。彼は体が

大きく、すこぶる美男であった。また、その者といっしょに、アース神族

はミーミルと呼ばれる最も賢い男を送ってよこした。そこで、ヴァン族は、

そのお返しに、自分たちの集団の中で最も聡明な者を送りとどけたのだが、

その者の名はクヴァシルといった。>

 

<さて、ヘーニルがヴァナヘイム(ヴァン神族の国)へ到着すると、早速

彼はその首長にまつり上げられた。ミーミルは彼に事あるごとに助言を授け

た。しかし、ミーミルが近くに不在のまま、ヘーニルが会議や集会に出席

させられ、ある難題について彼の意見が求められた。そのときには、彼は

いつも同じ返答で、「ほかの者たちに決定させてくれ」と言った。>

 

<そこでヴァン神族の神々は、人質交換において自分たちはアース神たちに

欺かれたのではないかと疑いだした。よって彼らはミーミルを捕えて首を

はね、その頭部をアース神族のもとへ送りつけた。>

 

<オーディンがそれを受け取り、防腐のために薬草を塗り、その上で何度

も呪文を唱えた。そして、ついに大いなる呪力を吹き込み、その頭部が彼に

話しかけ、彼のために多くの神秘的な話を語りだしてくれるようにした。>

 

<オーディンは、ニョルズとフレイを「供犠の祭司」の地位に任じた。

そして彼らはアースたちの間で「祭司長」となった。フレイヤはニョルズ

の娘だった。彼女は「供犠の女祭司」だった。ヴァン神族の間に流行して

いたセイズという呪術を、フレイヤが最初にアース神たちに伝授した。>

 

<ニョルズがまだヴァン神族の一員だったときに、彼は自分の妹を妻と

なした。というのも、それが彼らの慣わしだったからだ。こうして生まれ

たものがフレイとフレイアだった。しかし、アース神族の間では、その

ような近親との婚姻は禁じられていた。>

 

つまり、ヴァン神族の側は、ニョルズとフレイという主神クラスの者を

人質として派遣したが、アース神族側が送り込んだ人質のヘーニルは、

ヴァンの国での首長の役を満足に果たすことができなかった。彼はミー

ミルがいなければ、単独では物事を決定できず、統治者としての叡智を

欠いていたのです。

 

その上、「最高の賢者」ミーミルを人質に得た返礼として、ヴァン神族の

中で「最も聡明な」クヴァシルをアース神族のもとへ送り届けたのだ。が、

この人質交換は割が合わず、騙されたことを悟ったヴァン神たちは、ミー

ミルの首をはねて、それをアース神たちに送り返した。

 

ところが、オーディンは呪術を駆使して、そのミーミルの頭部から数々の

「神秘的な話」を聞き出したということです。

 

よって、こうした人質の交換は、ヴァン神族の側にとっては二重、三重の

意味で大損をする結果となります。

 

これに対して、アース神の仲間入りをしたニョルズとフレイは、「供犠の

祭司」に任じられて、宗教的に重要な働きをしています。そればかりか、

ニョルズの娘フレイアは、「供犠の女祭司」を務め、「セイズ」という新

しい呪術を持ち込み、アース神たちに伝授したとされます。

 

いわば、アース神族の側にとって人質交換は、ヴァン神族の宗教を吸収し、

みずからの中に包括するという効果を生み出したということになります。

 

なお、「セイズ」という名の呪術は、通常、シャーマニズムの一種だと解さ

れているようです。そして、エッダやサガの数ある文献の中に、脱魂状態

(エクスタシー)、補助霊、他界への旅、そして変身のイデオロギーなど、

北方ユーラシア系のシャーマニズムの要素が認められるとも言われています。

 

ところで、「供犠の祭司」、「供犠の女祭司」とあるのは何を意味するので

しょうか?

 

水野知昭氏は、<二人の男性祭司と一人の女性祭司が犠牲祭を執行したと

見られるが、その関係は必ずしも明確ではない。三名が協同で同じ神事に

関わったか否かは不明である。仮に、三者がある同一の犠牲祭に関与した

とするならば、女祭司が中心的な役割で、二人の男性祭司たちはその補佐

役だったのだろうか。あるいは、その逆が真相であるか、にわかに判断し

がたい。しかし、前者が基本方式であった可能性が高いだろう>と述べ

ながら、<いずれにしても、ここにトライアッド(三組み神)の観念が

ひそんでいる。上記の推定にしたがえば、セイズ呪術に最も卓越した女

祭司フレイアが中心の座を占め、女性シャーマンの役割を果たし、二人の

供犠の祭司たちは「犠牲獣の血を流す」祭礼の執行者を演じさせられたと

言えるだろう>としています。

 

それと、ニョルズとフレイの父子が「人質」として送り込まれたことは明記

されているが、フレイアに関しては、どのような事情でアース神族の共同体

へ連れてこられたかは不明であるし、フレイヤの参入によってアース神族の

間に「セイズの呪術」が広まったということですが、彼女の母の所在も不明

であることが気になります。

 

ニョルズがまだヴァン神族の社会に所属していたときに、自分の妹を妻とし、

フレイとフレイヤの兄妹をもうけたということですが、ニョルズの妻とは

一体誰で、その後どうなったのでしょうか?

 

水野知昭氏は、オーディンの妻であるが、その出自が不明のフリッグが、

元来、所在不明と思えたニョルズの妻であったのではないかと想定できる

と述べています。

 

なぜなら、ニョルズがアース神たちの社会に参画させられると同時に、

もはや自分の妹を妻としていることは許されず、彼女を異神族の主神オー

ディンに譲り渡さねばならなくなったと思われるからだ、と言うのです。

 

よって、オーディンの妻神フリッグは、本来、ヴァン神族に属し、アースの

三神によって略奪された女神である、そして、それが最初に述べたグッル

ヴェイグという女性の正体であると推論しています。

 

そして、ニョルズ、フレイ、フレイヤのヴァン神族の三組神は、支配神と

してのオーディン、ヴェー、ヴィリの三兄弟神とまさに対照的な役割を

果たしているように思えるし、ある意味では、後者のトライアッド(三組

み神)の統治権を補佐するための宗教的な役割を負わされているかに見え

る、としています。

 

さて、このような和平協定のち、アース神族とヴァン神族は、共同して

巨人族との戦いに臨むのですが、それは次回としたいと思います。

 





指導霊 
  (水波一郎 著 アマゾン 発売)


スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。