FC2ブログ

洪水神話と禊



洪水
 

旧約聖書の「創世記」にノアの箱舟の物語があります。

 

「<神は地上に増えた人々が悪を行っているのを見て、これを洪水で滅ぼすと

「神と共に歩んだ正しい人」であったノアに告げ、ノアに箱舟の建設を命じた

 

 ノアは箱舟を完成させると、妻と、三人の息子とそれぞれの妻、そしてすべて

の動物のつがいを箱舟に乗せた。洪水は4040夜続き、地上に生きていたもの

を滅ぼしつくした。

 

水は150日の間、地上で勢いを失わなかった。その後、箱舟はアララト山の

上にとまった。

 

ノアは水が引いたことを知り、家族と動物たちと共に箱舟を出た。そこに祭壇を

築いて、焼き尽くす献げ物を神に捧げた。神はこれに対して、ノアとその息子

たちを祝福し、ノアとその息子たちと後の子孫たち、そして地上の全ての肉な

るものに対し、全ての生きとし生ける物を絶滅させてしまうような大洪水は、

決して起こさない事を契約した。>」

 

この神話は、バビロニアやシュメールの洪水神話がモチーフになっていると

いうことですが、根本的な違いがあるようです。

 

バビロニアやシュメール神話では、洪水が偶発的なものであるのに対して、

ここでは、洪水は人間の腐敗堕落に対する神の審判の結果とされています。

 

ともかく、今から1万年ほど前に氷河期が終わり、間氷期に入ったと言われ

ていますが、その前の数千年間は大規模な気候の大変動、氷河の氷の溶解で

大洪水が起こり、その記憶が、このようなノアの箱舟など、世界中にある

洪水にまつわる神話や伝説として残されているのだというのが一般的な説の

ようです。

 

しかし、これを我が国における水の禊、或いは、キリスト教における水に

よる洗礼の寓意と捉えることもできるのではないでしょうか。

 

つまり、禊には、二つの側面があるということです。一つは、すべてを

流してしまい、何も残さないという洪水を意味し、もう一つは、人の身体

を流れる水で、それによって修行とするものです。

 

ノアの箱舟の伝説を禊に沿って考えると、この古代からの言い伝えは、

異なる意味を持ってきます。

 

それは、ノアだけが生き残るという意味ではないということになります。

人は、おのれ一人が生き残っても何の喜びもありません。楽しいわけがなく、

幸福など得られるわけがありません。

 

それが意図するところは、船を造る努力にあり、神に従い船を造ろうと

すれば救われるだろうという啓示であったらどうでしょう。

 

人々が罪を清算しようとするなら、その前に準備をせよ。それがノアであり、

それが禊であるということでしょうか。

 

この島国をすべて海に沈めるのも禊なら、そうではなく、人々が修行の拠り

所としカルマを浄化するのも禊と言えましょうか。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿

非公開コメント